No.013 ありのままおこったこと







全員家から追い払ったミスター。
「やはり一人が一番いいね」
ヒキコモリの症状が出始めた。というか人間不信か。

きっと背後霊が駄目だったり、性格悪い神様が見てるに違いない。
(・ω・)ぷっぷくぷー。
























というわけで、おやすみですー。風邪治せよー。



「うーん、新幹線はえー。俺も速くなりてー」

ぐー。いい夢を。





























おはようです。



おはよう・・・・・・

何この部屋・・・・・・ くさいわ・・・・・・。
本当に誰も片付けようとしなかった事実。

広がる緑色の汚染物質。一部の皿にはハエがたかり始めて・・・・・・。ゴミ屋敷?




















そして仕事に出かけるミスター。仕事中は家の中には誰もいません。



家の中には誰もいないが、ハエならいる。
むしろハエの住処になっているこの家。片付けてない。

画質が悪いので見にくいのですが、黒い粒みたいのに見えるのがハエです。
決して黒ゴマではありません。そんないいものじゃない。

























仕事から帰ってくるミスター。今日もお勤めご苦労さま。



217$ゲット。これで生活が楽に。というほどのお金でもない。
出世しないから未だに被験者な悲劇。
というかこの仕事で体調が悪いままというのはまずいんじゃあないか。


















で、帰ってきた瞬間にダッシュでトイレへ。



で、うわー。
やはり被験者の仕事でダメージを受けてしまったらしい。

あとトイレが非常に汚いことになってます。
たまには掃除させたほうがいいようです。公衆便所の装い。



















「ふぅぅぅぅはぁぁぁぁ」



顔こわっ。

環境で人は変わるもんです。
ついにミスターはシム人の枠を超えたスーパーシム人に変身しました。

「貴様、レッドか・・・・・・」
「いや違うね、俺はスーパーレッドだ」

うろ覚えですが、ドラゴンボールの名シーンでした。
そういえばレッド総帥っていましたね。低いの。



























冷蔵庫の食料が無くなったので出前の注文。



スーパーシム人化は終了。ただのシム人に戻りました。
きっと、嘔吐後の咽喉の痛みがあの表情をさせた。


























続いて片づけをするミスター。



緑色に染まった部屋を赤色に染める。「ははは、血の粛清だぜ。」
微妙に気性が荒くなってるミスター。でも床の色は緑。

赤色に張り替えるためには100$くらいのお金が必要です。
これは無理だ。





















と、そこへBOSSが。



BOSSなので演出つきです。
なんかゲーム画面の右下に子画面ができてBOSSが来たことをアピール。

他の通行人ならスルーするのに!

















「おのれ来たな!!ピンク野郎!!」

またもやスーパー化。
こう、手の動きが ぬぐぐぐぐぐぉぉ という感じで、

変身しかけのフリーザみたいなものを思い起こさせます。



















変身後のミスター、ピンク色へ向かって走り出し・・・・・・



いきなり一撃。

レッド選手の枕叩き攻撃が見事に炸裂ー!!?

ちなみにこの攻撃の属性は、「遊ぶ」なので、
「楽しさ」と「社交」がUPします。

でも、この一撃は多分 遊びじゃなかったと思う。殺しにいってたね、これは。
あんなに速く走るミスター 嘔吐するときのトイレダッシュ以外に見たことない。























で、一撃をくらわした後はすぐに戻る!
これは ハチのように刺して、ゴキブリのように逃げる! ということか。



ぎゃー。

1ページに2嘔吐は記録。ピンクの人の放置っぷりもなかなか。

というかまたオチが嘔吐ですね。
じゃあ、次回のオチも嘔吐でまとめて天丼に・・・・・・。




BACK         TOP        NEXT












〜タイトル元ネタ〜


レッドを追う前に言っておくッ!
あたしは今やつのスタンドをほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

  あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

あたしは奴の前で枕たたきをしていたと
思ったらいつのまにか家の中に消えていた
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
あたしも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…

 催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…






いえいえ、ただの超スピードです。

ポルナレフでした。トイレネタといえば彼ですよねー。違うか。