No001 またはじめます。



Sims2日記を書こうと思い立つのもこれで3回目です。
これまでの2回、モチベーションの低下というか他のことに興味が移ったというか
そんな感じで連載(?)終了みたいな感じになってきました。

しかも打ち切りというよりも失踪という形になってます。なんて悪い人だ。

まぁ、趣味で好きなようにやっているサイトだから
勝手にコンテンツが始まったり終わったりするのも当然な話。
見ている人にとっては迷惑極まりないよという意見もありますが。


で、Sims2日記で検索すると我がサイトがTOPで出てくる事実。
あと、とある赤い人から「まだー?」と言われたので復活します。

ご清聴ありがとうございました。(・ω・)









というわけで新たな舞台へご案内。

まずは建築風景から。



一番小さい3X1の土地を選択しました。
それでも一戸建てを建てるには十分な広さがあります。

ゴミ箱とポストはどんな土地にでも標準装備です。
ポストの中には税金払えとかいう手紙が届きます。
いらん!ポストなんていらん!!

新聞が地べたにおかれるのもその考えを助長させます。














さらに建築中。壁を張ってドアをつけて・・・・・・。



なかなかいい感じになってきました。
ドアのボロさ加減がなんともいえません。

家の中が暗いのは窓をつけてないから。このまま吸血鬼プレイもいいですが、
あんまり奇抜すぎるのもどうなんだか。

Sims2、うっかり吸血鬼になっちゃう素敵仕様。ベッドは棺おけ















完成しました。



うっかり2階建てになってしまいましたが、多分大丈夫。
まだ20000は超えてない!(20000$を超えると初期のシムには住めなくなります)



















続いては内装。

最低限の生活ができる装備を整えました。



しかも冷蔵庫と本棚のおまけまでついてきます。
こんな贅沢品までついて、まだ20000$超えてない。

そしてここ以外の部屋には家具が無いという事実。

ああ、ベッドがあっ(略)


















そんな部屋に寝泊りをしようというチャレンジャーがこの人。

いわゆる今回の主人公ともいえる人。

そして、「シムまだー?」って言った人。



ミスター レッドさんです。

赤くないな。


髪も服も赤くないですが、心は赤いのです。
熱く熱く燃え滾る情熱の赤。共産圏n(以下、省略されました)










心は赤くて、腹は黒い。に変更いたしました。












というわけで、Sims2日記サードシーズン、レッドさんの1人暮らし編が始まりますよー。



1人暮らしするには広すぎないかという疑惑もありますが、
なんだ、レッドさんだから仕方ない。

そのうち仲間も増えるさ!多分。


















なんともいえない出入り口から家の中へ入っていくレッドさん。

彼の波乱万丈な生活は始まったばかり。



「とりあえず赤い服買わないといけないな」

そんな感じです。




窓にハートマークがついているのはなぜだ?とかは気にしてはいません。

というか自分で設計してて、ハートがついてるとは気づかなかった。
これは実に悪趣味な家ですね。





BACK         TOP        NEXT