014 涙の数だけ悲しいお知らせ







突然ですが、悲しいお知らせです。

























弟切さんが、落第間近です。

なんか最悪とか言われてますよこの人。
























突然ですが、さらに悲しいお知らせです。










弟切さんが、バイトを首になりました。

そうか、馬鹿は使えないか。 そういうことか。















こうして、立て続けに厳しい現実を突きつけられてしまった弟切。



部屋の中で嘆き悲しむばかり。

頭に浮かぶものは演説は嫌いだ。ではなく、仕事を首になったということである。































またまた突然ですが、さらにさらに悲しいお知らせです。








妹切さんも落第間近です。

なによこれ、全滅コースじゃない?






泣く妹切。

出雲家の子供にGAMEOVERが近づいてきている。
このままでは、頭が悪い子は保護施設にしまっちゃうよ。である。




















で、またまたまたメッセージがシュッと登場する。

一体今度は何が起こったのかと思ったのであるが、



まぁ、昇進してるこの人。

医療補助者という素敵な地位をGET。





おにぎり 「いぇーい!はははふぅー!」

家の中の悲惨さに気づかずに絶好調ダンスを踊るおにぎり父。
外と中の温度差は激しい。






どれくらいの激しさかというと、

  

いやぁ、ヒドイものである。

人生楽あれば苦ありである。いや、塞翁が馬か。それとも予定メモ帳なのか。

今回出番が無い姉切も追加してみるとこうなる。






   

!?

なんか違う人きちゃった!? というか人じゃない!?
というか、私が描いた絵に似てるとか言われた!?

まぁ、これ描いた本人は結構幸せそうではある。















温度差を実感するおにぎり父。



(あー、やっちゃったー)

みたいな顔をしているような気がしたのである。








仕方ない、皆で勉強だ。



宿題を終わらせることが出来たなら、きっと成績も復活するはずである。

その言葉を胸に彼らは今日も生きているのである。















(終わった!?


というか、妹切さんが成績のことを気にしすぎです。

次回から、Sims2日記〜不死鳥編〜が開始されます。嘘です。















〜 追いつけなかった 〜



春日禅(性別不明)が家の前で体操をしていたのである。

が、捕まえようとしたところ、

ランニングで捕獲範囲外まで行ってしまったため、

ファーストコンタクトはとれなかったのである。


じ、次回のご来訪をお待ちしております。



BACK          TOP         NEXT