010 混雑する台所




学校から帰ってきた弟切。





と、その友達。

シム達は友達付き合いがよい。家にどんどん人を連れ込んでくるのである。
しかし、弟切が外に遊びに行こうという気はないらしい。

これがいったい何を意味しているかはわからないが、
きっと意味はないだろう。


カウンセラー「仕様です。」

そういうことなのか!青い人・・・・・・。ローブ・・・。








弟切についで、おにぎり父も会社から帰還。



おにぎり父は帰ってくると、最初に家族と挨拶をしようと試みる。
ちょうど弟切がいたので挨拶が成功した。

が、失敗した場合、家に向かって踊って歌いはじめるので注意が必要である。
大体10分はロスするのである。陽気にもほどがある。

というか車からもう一人おにぎり父と同じ服装の格好の人が出てきている。
こいつも友達か、 そうなのか。



GM「仕様です」

そういうことなのか!赤い人・・・・・・。ローブ・・・。












台所は食べ物を作る場所である。あまり人が多くいていい場所ではない。



が、なにかがおかしい。

どう考えてもこの部屋はリビングルーム扱いになっているのである。
リビングルームは隣である。この部屋は台所である。

原因はわかっている、リビングルームにキャンパスしか置いていないことだ。

こんなところにも設計ミスの罠が待ち受けていたとは。













で、リビングルームで遊ばせることにしてみた。

今回の実験に参加してくれたのは、妹切とその友達である。また友達か。



わかった。部屋が暗い。

構造上の欠点を発見したのである。窓が足りないのである。照明も足りないのである。


そそて、この2人は何の遊びをしているのかというと、
日本でいうと「警官と泥棒ごっこ」といった感じの遊び。

決して「けいどろ」ではない。あれは今考えると只の複数鬼のおにごっこである。
まぁ、楽しいんですが おにごっこ。










人がたくさんいるといえば、この家のもう一つの欠点がクローズアップされるのは当然である。

トイレである。この前増築したばかりである。



修羅場である。
同じ個室に2人入っているのである。

まぁ、今は人が多いから仕方ないとしよう。
同時に同じ個室に人が入る確率なんてそうはない。4人だったら。多分。












学校に行けば宿題が出る。しかも一冊丸々どかっと出る。



そして、その宿題を地べたでする妹切。
そして、その裏で踊りまくる弟切。

邪魔であると思うが、妹切が文句を言わないから放置しているのである。




というか、



弟切にも宿題をさせないとヤバイ。

弟切出雲、宿題残り2冊。(昨日の分やってない
妹切出雲、宿題残り1冊。(昨日の分終わらせた

噂では、頭の悪い子はしまっちゃうおじさんにしまわれてしまうらしいので、
それは避けたいのである。











そんな中、姉切は絵を描く。宿題を手伝うことはないのである。



姉切の絵は着々と完成へと近づいていっているようだ。

楽しみである。色々な意味で。このピンクがどう化けるのか。





















夜である。 今日の晩御飯はジェリーである。



このジェリーは、おにぎり父が腐っていった煮込み物のことを考え作った新メニューである。
防腐剤たっぷりで腐らないのである。

というか、これは晩飯兼朝飯であり、さすがに昼まではもとない。 と、思いたい。







そんなおにぎり父と姉切の、2人の夜の大人の会話をご覧いただきたい。



姉切 「時計ってどう思う?」

お、姉切さん、金金いってたのに改善の兆しが見え始めている。
とりあえずいきなり金塊から話が始まることはなくなっている。

と、思いきや
時計と見せかけてタイムカードと気づく私。

微妙に金が絡んできたような気がして怖い。








そんな姉切に対して おにぎり父は、



見事にスルーをかます。
おにぎり 「家いいだろう この家」

家の話題である。 本当に家が大好きなのである。







姉切が次の話題を切り出す。



姉切 「幽霊ってどんなんだろうねぇ」

お、今度こそまともな話題きた! さぁ、おにぎり父の反応はいかに!













おにぎり 「ああ、ランプから出てくるやつね」

!?







こんなところでボケてくると思わなかったのである。

そして、姉切の反応は+になり(面白かったのか?、

 

おにぎり父は 月から★が飛び出ているのであった。

というか姉切さんの肩が落ちているのである。

やはりあまり面白くなかったのであろうか。

















そして夜がふけた・・・・・・

家族は寝静まり、家に静寂が訪れる・・・・・・






















弟切出雲、宿題残り2冊。(昨日の分やってない
妹切出雲、宿題残り1冊。(昨日の分終わらせた

危機的状況である。しまわれてしまうのである。

というか、マジやばい。この日記 10話で打ち切りかよ!?ってくらいやばい。


いえ、次回ありますよ、次回。


BACK          TOP         NEXT