第6話 (ポンバシ) =ホワイトラビット=



そんなこんなで、一応 前期の学期末試験が終わったわけである。
これは第6話で半年が終わったわけでもあり、このペースが早いのか遅いのかはわからないのである。

ただただ学生生活を過ごすだけではネタが切れるので、新展開に持って行きたいところだが・・・・・・




この大学では、試験の結果次第で奨学金をもらえるらしい。

4人合わせると2000$を手に入れた計算になる。
微妙な金額である。贅沢するには少なく、節約するほどでもない金額である。

ちなみに成績については、ある意味予想通りである。
姉>妹>弟=おにぎり
実にわかりやすい。












今回の日記は特にテーマもなく だらだらと突き進むですよ。



というわけで、まずは弟切さんの日常を見てみましょう。



1、ペットボトルで遊ぶ。





2、アルバイトをする。




3、いらんことを考える。

なんだこれ、おしゃぶりと・・・・何か
本当にいらんことを考えていた。というか直立不動。気をつけ。




そんな彼にも夢がある 望みがある。



夢のようなデートを50回する。


どうみても不可能です。
本当にありがとうございました。

どうみても、このフレーズが最近お気に入りです。
本当にありがとうございました。


実際は、そんなに不可能ではないと思う。
がんばれ弟切。浮気してでも頑張れ。むしろ浮気して、ばれろ。










===========



久しぶりに寮の全景である。



前々から思っていたが、非常に住み難いのである。

部屋割りが悪いとかそういうわけではない。ちゃんと考えられている。

問題は、カメラを動かしにくいということだ。
妙に壁が多くて、カメラによく被る。








右下部分が壁である。見えてないのである。モザイクではない。




少しカメラワークを変えると一応見えるようになるが、
それでも一々カメラ位置を変えるのは面倒なのである。

寮なので壁を破壊できないのがさらにもどかしい。



まぁ、今のはただの愚痴である。
大学を卒業したら、もっと開けっぴろげの家を造るんだ!

むしろ壁なんていらん!床もいらん!ざ・野外生活である。





まぁ、カメラ位置を変えるのが面倒くさいって言ってる私が悪いという感じもする。



やっぱり見えてない。

この場面でのカメラの位置は、二人の横顔が見えるところですね。





というわけで、突然の教授登場である。



なんできたん?という感じは否めないが、歓迎するしか他にない。






とにかく、話してみる。教授相手だから無難に大学のことを話す。



そしてTVでは人が燃えてる。

これはSimsシリーズの死亡パターンの一つですね。





ちなみに炎上する前まではこうなってた。



いい料理番組である。料理スキルも上がるってもんよ。
それが炎上。世の中は非情であるな。










教授、一人ぼっちチェス。誰も相手してくれる人がいなくなった。



かわいそうだが、これもまた人生。
というか学生寮に来たことが運のツキ。



まぁ、前の教授よりはマシである。そう



思いっきりビンタを受けた教授である・・・・・・。

・・・・・・、

よく見ると、同一人物っぽい。

拡大画像がないので真偽はわからない。
というか、教授をこういうキャラにしていいものかすらわからない。










そういえば、あのときお邪魔キャラ退治ようの作戦が無いか考えたのである。

ついにその結論が出たのである。



じゃーん。

ホワイトラビット社の至福のシャボン玉機ー!

これを使ってお邪魔キャラの気をひくのである。
もちろん寮の外、玄関のあたりに設置してしまう。これぞ罠よ。孔明よ。じゃーんじゃーん。

お値段は1720$!

今回もらった奨学金が2000$!


失敗したら泣く。むしろ笑う。どうなるか。





BACK         TOP        NEXT