007 出雲家の朝の場合






出雲家の朝は早い。

朝5時、おにぎり父と妹切が起床する。



妹切はベッドを綺麗に戻す。
でも、おにぎり父は布団をめくったままにしてしまう。






おにぎり父の仕事は環境保全官だ。



仕事の時間まで、愛する娘との会話を楽しむ。

今日の話題は「おしゃぶり」だ。
早朝一発目の会話にしてはいくらかヘビーだ。











妹切、弟切は学生だ。




シムの世界ではスクールバスが家の前まで来てくれる。
しかも1時間の遅刻なら待ってくれる。

弟切はまだ起きていない。














父親は子供たちが学校に行く前に仕事に行く。

朝起きたら、父親は既に会社に行っている。
よく聞く話だけど、ちょっと悲しい。




出迎えられる父。シムの世界では車での出迎えは当たり前だ。

ちなみに1時間遅刻しても大丈夫。多分大丈夫。














弟切が起床する。



人間もシムもまず起きたらトイレに行く。

弟切は妹がトイレに入っていようがいまいがおかまいなしだ。
普通に入って普通にトイレが空くのを待つ。

これって兄弟の特権なのだろうか?













スクールバスが到着する。



弟切も妹切も普段着に着替えて中に乗り込む。
彼らの学校は私服OKだ。

シムにとって学校は辛いものだ。楽しさのメーターががくっと下がる。

やはりシムも勉強が好きじゃないのかなぁ? それとも性格の問題?













最後に起きてくるのは姉切だ。

姉切は下着姿のままで家の中をうろうろする。



家の外も下着でうろついてしまう。
そのうち裸でうろうろしないかと思うと少し心配になる。














そんな姉切の仕事は犯罪者。



出迎えの車も犯罪者仕様。

おにぎり父のいい車とは比べ物にならない。
別に比べても仕方ないけど。






















皆、でかけると家の中は当然誰もいなくなる。

時の流れは 早くなる。

























一番最初に帰って来るのは弟切だ。



姉切が残していった食べ物を片付けるのが彼の最初の仕事だ。

宿題を床の上に放っておく癖は直したほうがいいと私は思う。
宿題をしない子供は社会保険庁に連れて行かれるって聞いたけど本当なのだろうか?













次に帰ってくるのがおにぎり父。そして弟切がアルバイトに行く。



父が帰ってきた時の車は、行きのときの車と違う。
きっとあの車は事故にあったんだ、そう思うことにしよう。






そしてその車の中に弟切が乗り込む。
きっと同じ会社のアルバイトなんだ、そう思うことにしよう。





おにぎり父は家を一番愛してくれる人だ。 家庭を一番大事にしてくれる人だ。

家に帰ってきたときはいつも大げさなジェスチャーで喜んでくれる。


つまりおにぎり父は愉快な人だ。 私は彼のことが一番のお気に入りである。



BACK          TOP         NEXT