第3話 帰ってください




これがSims2の大学で学べる全専門科目だ!!



緑色のものは、ヒビが入っている・土台がある・なんか不思議だ。ということより、
おそらく発掘品だということがわかる。
つまり、発掘品にかかわる学問!それは考古学である!

他のものだって、デザインでわかってしまうのである。
時計回りで次は、幾何学的模様を描いている学問を考察してみよう。
これはおそらく、原子を表しているに違いない。よく見るマークである。プルトニウム。
よってこれは原子にかかわる学問、化学である。

では次はなにか。ペンと紙である。とてもわかりやすい。
ペンと紙にかかわる学問、国文学だろうか。
ここで文系の学問を一つ入れたいところだから、多分正解だろう。

次が難しい。旗が2本並んでいる。旗が2本・・・・ 旗が2本・・・・・・。
旗といえば運動会だが、あまり体育会系の匂いがしないデザインである。
しかし、他のものにも体育会系のものがない。つまり、これは体育である。

次は・・・・ 数式である。 数学以外の答えはないだろう。

次は、シム世界の金のマークがついた カバンである。
いわゆる、札束の詰まったカバンであろうか。黒いアタッシュケースである。シズマド(略)。
金の学問。会計学だろうか、もしくは経済学

次は遺伝子である。ここはやはり生物学しかないだろう。簡単簡単!

次は・・・・・・、考える人でしょうか。わかりません。
よくわからないので人文学にでもしておきます。

次!美術部

次!わかんない!なにこの仮面・・・・・・。
とりあえず自分の中で重要なところである情報学が今まで無かったので、これにしよう。

次は、心理学だった。先日、モゲラッターが履修したのである。







正解発表

歴史学物理学文学政治学数学経済学生物学哲学芸術学演劇学心理学

12個中6個正解

評価:もっとがんばりましょう




















まぁ、なんだ。



彼らは学生なのである。つまりは勉強しろということである。



ときには教授を招待し、



人生の先輩から 知識を授けてもらうのもいいではないか。







ときには見知らぬ人間に勝手に部屋に進入され、



勝手にゴーゴーダンスを踊られてもいいではないか。





そして、教授VSダンサーとなって、



ダンサーの勝利となってもいいではないか。

いや、これはよくない。
学生(多分)が教授に暴力をふるっているのである。ビンタである。

というか、ダメージがでかい。☆が飛んでいるじゃないか。数秒間の行動不能状態じゃないか。










このSims2というゲーム、たまにとんでもない行動をとるキャラがでてくる。
最初は面白い面白いと見ているが、

そのうち本当にうざくなる。

うざくなったら どうしたらいいか。もちろん追い返せばいいのである。



で、試してみた。



久々の登場のイガイガ頭さん。見事に爆沈。超無視された。

こういうキャラの対処をどうするか。
それがこれからの課題である。
















さて、ここからはまた別の話。

問題:どちらが姉切でしょう。





答:白髪じゃないほうです。




というわけで、お手伝いさんの格好になった姉切です。

なぜこんな格好になったのか、話は数分前にさかのぼります。







姉切「あー、がほしいなあ」







はい、それだけの話でした。
さすがに数分前では大したドラマはありませんでしたね。

そんなわけで、お手伝いさんをすると、1時間ごとに10$がもらえます。
正直、シム世界のお金の基準がわかりませんが、大して嬉しくないのは確かです。

なんせ動けないし。


























そしてそのまま待つこと、数時間。

食事の時間帯が訪れたのである。



キッチンが使えないぞー!と怒鳴るおにぎり。
こっちに言われても困るのだが、これを解決してやるのが神視点にいる私の役目である。


そのころのキッチン。



渋滞発生中。

この寮に住んでいる人間はそんなに料理が好きか!
ちょっと目を離している隙に、全員が全員料理を作っていたのである。

他の人間の分を作ろうともしないところはさすがである。
あと、モゲラッター焦げてるよ。その鍋に入っている料理は危険だ。ガンになる。



食事の時間は 寮の人間との交流のチャンスでもある。



この大学のことについて話そうではないか。







とりあえず、今回 話すべきことはなんだろうか。

そうだな・・・・・・



まずは この大学にいる変な人達に対する対処を考えてみようか。

なんか増えてるし。モヒカンやめてモヒカン。あと初代変な人も腕を回すのやめて。











本当に彼らは帰らない。

で、おじゃまキャラ氏は本を読んでいる。



もうそろそろ就寝の時間なんですがー。帰ってもらえませんか?











本当、パジャマにも着替えられない。



って、何だこの願望・・・・・・。

パジャマを着るだけで幸せになれる彼ら、実は寮の人も変なのかもしれない。

ああ、思い当たることは一杯あるな。



BACK         TOP        NEXT